とりあえず明るい標準単買ってさ

「とりあえず明るい標準単買ってさ、単焦点一本で色々撮って練習してみなよ」

こんな言葉を師匠や先輩や写真仲間から言われたことはないでしょうか?

私は、もちろんあります(^^)

カメラを買って、色々と撮り始めて、上手い人に「どうしたら写真って上達するんですか?」って聞いた時、おそらく「明るい単焦点レンズ一本で撮る」「自分が動いて画を作る」というようなことを言われた人は結構多いと思います。おそらく写真学校の授業でそれをやるからだと思います。

確かにこれは良い練習になると思いますし、なったと思います。 だから私も誰か初心者カメラマンに写真の上達法を聞かれたらこんなことを言うと思います。

じゃぁ、明るい標準単焦点レンズって???

これが悩ましいんです。 みんなが35mmのフィルムを使っていたデジカメのない時代だったら標準単=50mm!となったのでしょうが、フルサイズやAPS-Cやフォーサーズのデジカメが混在する現在は標準単と一言で言っても結構悩ましいんです。

フルサイズ機を使ってる人ならそのまま50mmの単焦点を買えばよいのですが、レンズを取り替えられるデジカメにはAPS-Cもフォーサーズもあります。 まぁ、フォーサーズはフルサイズと同じ画角を得るためにはフルサイズ機のレンズの焦点距離の半分の焦点距離のレンズを使えば良いので、標準単は25mmのレンズということで良いと思います。マイクロフォーサーズ用のレンズは25mmの明るいやつも普通に販売されているので、これは特に困らないと思います。

う〜ん、じゃぁAPS-Cはどうするの?

これです。私もAPS-C機での標準単には悩みました・・・(´・ω・`)

私は一眼レフはCanonのカメラを使ってるのですが、CanonのAPS-Cって他のメーカーのAPS-Cよりちょっとセンサーサイズが小さくて、焦点距離をフルサイズ機に換算するときに1.6倍するんです。例えば50mmのレンズをCanonのAPS-C機につけたら、フルサイズ機に50×1.6=80mmのレンズをつけた画角と一緒になるんです。厄介な事に他のメーカーのAPS-C機はフルサイズ機換算するときに1.5倍なんです。てことは、50×1.5=75mmなんですね。

ここまでなら「そりゃそうだ」ってなるんです。 が・・・・APS-C機で使う標準単をどうしよう?ってことになるとちょっと悩むんです。

CanonじゃないメーカーのAPS-C機の場合、よくある35mmの単焦点だと35×1.5=52.5mmです。まぁまぁですよね(^^) フルサイズ機で言う標準単の50mmと2.5mmしか違いません(^^)

じゃぁ、CanonのAPS-C機に35mmの単焦点をつけるとどうなるか。35×1.6=56mmです。う〜ん、6mmも違うんですよね・・・。10%以上一般に言われている標準単の焦点距離と違うんです・・・。

いや、56mmなんてNikonを使ってる人ならそんなに気持ち悪い焦点距離じゃないし、良いじゃん!(Nikonには58mmって単焦点レンズがあるんです)

ってなるんですけど、これが初心者には気持ち悪かったりするんです^^; 私は気持ち悪かったんです・・・(´・ω・`) じゃぁ、どうすりゃ良いの?28mmが良いの?ってなったんです。で、28mmはというと、Canonの場合28×1.6=44.8mmになるんですね。なんだ・・・5.2mmも違うじゃん結局10%も違うじゃん・・・。

悩みに悩みました。45mmという焦点距離とは一体どういうものなのか・・・もうこんな事を人間の視覚と比較する情報を探したりで散々研究したんです(笑 で、結論はというと

45mm・・・良いんじゃない?! 56mmで狭くて困るより45mm位のほうが良いでしょ(^^)

となったわけです(^^) もう悩みがショボいですよね^^; 小さいです・・・こんな事で悩んだんです^^; でも、同じように悩む脱初心者カメラマンを目指す初心者カメラマンがいたら、この投稿を見つけてくれたら・・・少しでも心の支えになれるかな?と思って書いてます(笑

そこでDuke的オススメ。

CanonのAPS-C機で標準単に悩んだら、28mmが良いかもしれない(^^)

他のメーカーなら35mmで良いと思います。それかSIGMAの30mm F1.4、このレンズ使ってみたかったです。結局買えなかったですが。CanonのAPS-C機でフルサイズ機換算48mm、他のメーカーで45mm。なかなか良いと思います(^^)

 

で、今気になってるのがTAMRONの45mm F1.8!これについてはまた書こうかと思います。持ってないんですけどね(^^)

EOS 5D Mark II_20141012_0022

j j j

大きいカメラはわかった。普段持ち歩くスナップカメラはどうなのよ?

昨日の投稿でフルサイズとAPS-Cならどっちが良いの?というお題に「やっぱり用途でしょ(^^)」というDuke的回答を出しました。結局は被写体や環境などで、それぞれに使いやすかったり向いている機種があったりというすごく玉虫色の回答となってしまいました。

でも、今日はちょっと思う所ありです!

普段持ち歩くスナップカメラ、通勤通学のかばんに入れて持ち歩き、パッと出してパッと撮れるお気楽なカメラについて。でも、お気楽なカメラだからといってスマホをオススメしたら脱初心者カメラマン入門としては「えぇぇぇ〜」って感じなので、散々コンデジやマイクロフォーサーズやAPS-C機を買い換え今に至った結論を書きます。今日は「これでしょ!」っていうのを書きます。

結論から書くと、

1型センサーのコンデジ!

これが一押しです! ここは迷いません。一押しです。

1型センサーのコンデジというとSONYならCyber-Shot RX100シリーズ、RX10シリーズ、CanonならPowerShot G3 X、G5 X、G7 X、G9 X、PanasonicならLUMIX FZ1000。1型じゃないけど同じ系統でCanonのPowerShot G1X MarkⅡ(1.5型)とPanasonicのLUMIX LX100(フォーサーズ)などがあります。こうやって並び立ててみると結構な種類が出てます。1型センサーコンデジというと高級コンデジと言われることもありますが、これだけ種類が出ているってことはカメラメーカーとしてもそれなりに力を入れているクラスということではないでしょうか。ということはそれなりに需要もあるということで、1/2.3型センサーコンデジや1/1.7型センサーコンデジを卒業した人達、そう「脱初心者カメラマン」たちが群がるクラスのコンデジではないかと思うんです。もしかしたら、本気の時はデカいカメラを使い、普段はさり気なく1型センサーコンデジを持ち歩こうかと考えている「既に脱初心者カメラマン」しちゃった人達さえもが狙う、使い勝手と画質を両立した最強のスナップカメラではないかと思うのです(^^)

私も1/2.3型センサーや1/1.7型センサーのコンデジを通勤カバンに忍ばせて昼休みにパチリパチリとやったこともありました。でも、やっぱりちょっと違うんです。なんとなく「塗り絵」というよく使われる表現が合うのが解る様な何とも言えない階調感のなさとか、ISO感度は上がってないんだけど小さいセンサーで画素数を目一杯詰め込んだせいで結局はノイズリダクションをかけてモヤモヤっとしてるんじゃないか?って言う感じの解像感のない写りとか・・・。なによりも、夜暗くなってからしかじっくり写真を撮れない私には高感度が弱すぎて使えなかったんです・・・(´・ω・`)

もちろんマイクロフォーサーズ機も3台位試しました。ついでに開放F値0.95の人の目より明るいと言われるレンズも買って撮ったりしました。マイクロフォーサーズ機はレンズの実焦点距離を2倍するとフルサイズ機でのその焦点距離の画角と同じ画角になるので、レンズを選んだりするのが単純明快でなかなか良いな、とか思いました。それに開放F値0.95のレンズをF1.4くらいに絞ってやるとISO感度も低めにできるしボケボケにできるし良いんです。暗い時間帯でもそれなりに撮れて良かったんです。 ただ、レンズが引っ込まない・・・。これは結構悩みました。通勤時間の長い私は極力通勤を快適にしたいと思うのですが、レンズが引っ込まないとマイクロフォーサーズ機といえども結構嵩張るんです・・・。

これはAPS-Cのミラーレス機でも同じでした。 やはり写真を撮るなら少しでも良い画質で夜の暗い時間帯でも極力綺麗に・・・と思いFujifilmのAPS-Cミラーレス機を持ち歩いたこともありました。しかし、段々とその大きさが苦痛になってくるんです。しかも一週間丸々鞄に入れて持ってはいるが時間がなくて一枚も撮ってないなんて日々が続くと(´・ω・`)

で、決定的だったのは、マイクロフォーサーズ機もAPS-C機もやっぱり暗所ノイズはあるんです。それも通勤カバンに入れて持ち歩くときの嵩張り感と天秤にかけると結構納得いかないくらいにノイズもあるしノイズリダクションのモヤモヤ感もあるんです。

それならいっそのことレンズが引っ込んで小さくなる1型センサーのコンデジはどうだろう?

と思ってCanonのG7 Xを買ってみました。まぁ、確かにノイズはあるしモヤモヤ感もあります。でも、開放F値が1.8〜2.8とズーム全域で明るめで、なんといっても小さくて持ち運びが楽なんです(^^) そして、マクロモードなんてのもあって5cmまで寄れる!花を撮ることが好きな私には結構使い勝手が良くて、大きさを考えればノイズもモヤモヤも納得できる調度良いスナップカメラだったんです(^^)

う〜ん、ナイス(^^) と思って今はすごく気に入ってます(^^) そして1型センサーコンデジの軽快さとそれなりの画質に可能性を感じて、飛行機を撮るために1型センサーのLUMIX FZ1000を追加してしまいました。

今回のDuke的結論は、普段持ち歩くお気軽スナップカメラは1型センサーコンデジが良い! です(^^)

2015-10-10_0001_1280

この写真は1型センサーコンデジCanon PowerShot G7 Xで撮りました。ISOは800です。

 

 

j j j

じゃぁ、APS-Cとフルサイズだったらどっちが良いの?

最初の投稿を読み返したら、投稿2回目にしていきなりこのネタになってしまいました。

私にはすごく印象に残っている言葉があります。ある知り合いのプロカメラマンに「CanonからEOS 5D Mark Ⅲがでますね!」と言うと「なら、そろそろ5D Mark Ⅱ買おうかな?安くなるだろうし」と返ってきました。そのカメラマンに「何故Canonで一番上のグレードの1Dを使わないかって? 良いカメラを使えば良い写真が撮れるならみんな一番高いカメラを買うよ」とも言われたことがあります。

う〜ん、これが答えなんじゃないかと心のなかでは思ってます(^^)

フルサイズじゃなきゃ良い写真が撮れないならプロは絶対にフルサイズしか使わないし、それこそもっとセンサーサイズの大きい中判デジタルばかり使ってると思います。だけど、APS-C機をメインで使うプロもいればフォーサーズをメインで使うプロもいます。

う〜ん、ここまで引っ張って書いてますが、今回のお題のDuke的答えは既に出ているので書きます。

やっぱり用途でしょ(^^)

そうです。カメラで撮れる写真の良し悪しが変わらないのだったらこのお題の答えは「用途次第」としか書けません。

先述のカメラマンの言葉じゃないですが、スマホのカメラで旅行先の写真を見せられて「おおっ!綺麗な良い風景だな」と思うことも結構ありますし、自分がフルサイズのカメラで撮った写真を見て「あぁ・・・・(´・ω・`)」となることも多々あります。(というかしょっちゅうです^^;)

そうなんです。カメラはあくまで道具で、良い写真はカメラが良いだけじゃ撮れないんです。逆にスマホのカメラだってその場の空気感とか美しさが伝わる写真は撮れるんです。で、カメラが道具なら、道具にそれがあるようにカメラにも用途によって向き不向きとか得意不得意とかがあるんです。

段々本当に書きたいことに近づいてきました。

では、何故私がフルサイズを使うのか。

それには理由があります。 そう、男ならデカくてゴツくて重い筐体でシャッターバコバコのミラーショックを押さえ込む前腕と上腕の筋肉と三角筋、そしてゴツいメカが男心をくすぐる最高のダンディズム・・・・。

とかそんなんじゃありません(笑

私は夜にポートレートなどを撮ることが多いのでどうしてもISO感度が上がってしまいます。しかも、ストロボやらのライティングも使わずに地明かりで撮ります。ますますISO感度が上がります。 なんだかんだでISO感度が高くなると同じ画素数ならセンサーサイズが大きい方がノイズが少ないんです。もうこれは明らかにノイズの量が違います。女の子のポートレートや美しい花などを撮るときにはやはりノイズは少ない方が良いです。(花を家で撮るときは結構ISO上がっちゃうことがあります) 一番の理由は「夜に綺麗な写真を撮りたい」ということです。二番目の理由はゴツいカメラで女の子に「格好良いです!」と言われたい・・・です。残念ながら二番目の効果は全く無く、というかカメラなんてどうでも良いんです。あがる写真が良ければカメラなんてどうでも良いんです・・・。ゴツいカメラでモテるというダンティズムは自己満足でしかありませんでした・・・(´・ω・`)

てことは、昼間明るい時間に写真を撮るのならAPS-Cで良いじゃん!ってことになりますよね? そう思います(^^) ポートレートにしたって花にしたってぼかしたいじゃん?どうするの?ってなると思うんですけど、正直そんなにぼかしたら何撮りたいんだか判んなくなっちゃいます。でもぼかしたいですよね? そしたらSigmaの30mm f1.4とかカメラメーカーの28mm f1.8とか35mm f1.4とかf2とか。標準域でも結構あるんです。FujifilmなんてAPS-C機がメインだから35mm f1.4を標準単として押してますしね。 APS-Cミラーレス機に35mm f1.4とか軽くて最高に良いと思います。ついでにEVF(電子ビューファインダー)なんて付いてたら露出補正の結果もファインダー覗いたら分かっちゃうのですごく使いやすいと思います。 お金に余裕があったら欲しいです^^;

あぁ、文章苦手なのにカメラの話だと結構書けるもんです。

もう一つエピソードを。私の友人に飛行機好きな人がいるんです。で、カメラについて悩むんですけど、いつもAPS-C機にTamronとかSigmaの150-600mmが良いんじゃないの?という話をしています。APS-Cに600mmのレンズつけるとフルサイズだと900mmとか960mmとかの焦点距離と同じ画角になるんです。これってフルサイズで買ったらレンズだけで200万とか、500mmに2倍のエクステンダーつけても100万コースなんです。それを更にズームできちゃって10万なら絶対ありだと思います。もちろんとことん解像感に拘るとかプロの作品用とかだと要求を満たす画が撮れるかは分かりませんが。

で、最近私はそれをコンデジで実現できることを知って、1型センサーの25-400mm(デジタルズームで800mm)というPanasonicのコンデジを買って航空祭で飛んでる飛行機を撮ってみました。結構ちゃんと撮れるんです!まさに、飛行機の写真に作品的画質を求めていない私の用途にピッタリのカメラなのかもしれません(^^)

2015-11-03_1000781_1280

 

なんだか、レンズとかファインダーとか色々と書きたいことがあります(^^) 追々書いていこうと思います。

j j j

やはり最初はセンサーサイズか!?

最初の1台か、ちょっとステップアップして買う2台目か、とにかくカメラを買おうと思った時に考えるのがセンサーサイズのことだと思う。もしくは、今のカメラともっとセンサーサイズの大きいカメラとではどのくらいボケや解像感が変わるのだろうか?とカメラ好きを悩ませるのはやはりセンサーサイズではないだろうか。私自身このネタは永遠のテーマなんではないだろうか?と思うくらい考えることが多いです。

で、こんなネタを書くくらいならセンサーサイズの比較図も作ってしまおうと思いました。「センサーサイズ 比較」とかで検索すれば結構出てくるのですが、自分のブログに載せるなら引用ではなくて自作しようと思って図を作りました。

size

こうして図にしてみると、フルサイズとAPS-C、APS-Cとフォーサーズの間には大きな違いがあるなと改めて思います。この中で使ったことがないサイズは1/3型、iPhone5とか6とかのセンサーサイズはこれだそうです。

で、1/3型以外の全てのセンサーサイズを使ったうえで感じているのはフォーサーズとAPS-Cの間の谷は深いということです。特に暗い時の撮影(ISO感度が高くなる時)には違いが大きい気がします。昼間明るい時に撮った写真でもフォーサーズとAPS-Cの間では階調感というか色や明るさの変化の追従性というかそういった部分での違いを感じるのですが、夜暗い中で撮った写真だとこの違いがもっと大きくなります。

フォーサーズと1型でもフォーサーズとAPS-C位の面積比での違いがありそうですが、フォーサーズと1型だとそんなに大きく写りが変わる印象はありませんでした。なので、今は通勤カバンに入っているのはフォーサーズ機ではなく、レンズも筐体に引っ込んでもっと小さくなる1型センサーのコンデジです。これまでAPS-Cミラーレス機、フォーサーズ機などを通勤カバンに入れて持ち歩いてきましたが結局は収納サイズも一番小さい1型のコンデジになりました。

新しいiPhone(1/3型センサー)は使ったことがありませんが、1/2.3型、1/1.7型センサーのコンデジは使ったことがあります。これらも通勤カバンに入れて常時持ち歩く為に買ったのですが、センサーサイズの小さいコンデジ特有のモヤモヤして解像感のない写りが納得できなくて手放してしまいました。

このようにAPS-C以下のセンサーサイズのカメラは機種・メーカーによる絵作りの違いもあるのか?と思い、色々と買っては手放しを繰り返してきましたが、私自身が納得できる写りをするのは1型センサー以上という感覚を持っています。

ただ、カメラって綺麗に写れば良いのか?って話になると単純にそういうわけでもなく、コンデジで撮ってもコンテスト入賞する人もいるし、コンデジでも写真展で展示できる写真を撮る人もいます。要はどんな目的で撮るか、何を撮るか、どう撮るか、どう撮りたいのか・・・などなどの色々な要素がある上で最適な機材を選べばそれで良いんだと思います。ピント外してても、ブレてても良い写真は良い写真と言われるように、どんな機材でどう撮ったって良い写真は撮れるし、良い写真を撮るのに機材は関係ないということになるんだと思います。

と、結論づけてしまうと「写真は機材じゃない!」というよくある結論になってしまうので、Duke的結論を出しておきます。

  • スナップ、普段撮り、旅行などは1型のズームコンデジ
  • 作品狙いや趣味の写真はAPS-C以上のセンサーサイズ
  • マイクロフォーサーズシステム機は上記のどちらにも使える万能機

写真を趣味としてちょっと気合入れたいという場合はフォーサーズ以上のセンサーサイズのミラーレス一眼か一眼レフを選ぶのが良いのではないでしょうか。レンズ交換できるというのは脱初心者カメラマンには重要な要素だと思いますので。

APS-Cとフルサイズで迷う場合は、主に撮る被写体と予算で考えるのが良いのではないでしょうか?特に飛行機や鳥、サーキットなどの望遠系はレンズでお金がかかるので、より長焦点でレンズを使えるAPS-Cが絶対に良いと思います。女の子をメインにグラビアっぽい写真が撮りたい人はフルサイズ機の方がカメラボディーも大きいので、カメラマンとして見た目がそれっぽくなって撮られる女の子も気分が乗って良いかもしれません(^^) 素人モデルはカメラが大きいと緊張しちゃうってデメリットもありますけど・・・。

 

こんなネタを書いていると色々と書きたいことが出てきて話が尽きませんね。文章書くのが苦手な私としては意外なことです(^^) なので、一回で書ききれなかったことは追って投稿していこうと思います。

j j j

初投稿!

いままで「DukeなBlog」とか「DukeなBlog2」とか「日々のやさしい光を採る」という名前でブログを書いてきましたが、そろそろ完全にリニューアルしてみようと思いたち、新たに「脱初心者カメラマン入門」という名前でカメラやレンズなどの機材やセッティングなどについて、脱初心者カメラマンくらい?の私がデジタル一眼レフをいじり始めてから色々と悩み考えたことなどについて何かのお役に立てば良いなぁと思い書いていってみようと思います。私も色々と悩んで考え込んだことが多いので^^;

そうそう、「日々のやさしい光を採る」は新たにポートフォリオ的サイトとしてこちらにリニューアルしました(^^)

j j j